小山ゼミ (Seminar)


小山ゼミで取り組むテーマを分かりやすく言えば「変化の時代にイキイキ働く」。
組織心理学・キャリア心理学に関して多面的に学習・研究します。例えば、企業内の異文化コミュニケーション、ダイバーシティ、リーダーシップ、上司部下関係、働くモチベーション、キャリア教育など。これらのテーマに強い興味関心を持っている学生が、卒業後にその分野のプロフェッショナルになれるように論理的思考と粘り強い人間力を養います。

また、3年次に学術論文大会である「国際ビジネス研究インターカレッジ大会」に出場することを目指します。

JR中央快速線の車内広告(2017年2月の一か月間)



受験生向け冊子「SPACE 2019」(2018年5月)
(※画像をクリックすると拡大します)

受験生向け冊子「SPACE 2018」(2017年5月)
(※画像をクリックすると拡大します)



2017年度 論文タイトル

 

卒業論文

  • 若手社員の困難突破力に関する研究
  • 超早期退職する若者の意識
  • 労働時間貯蓄制度の日本導入における課題分析
  • 若手社員のリアリティ・ショックにおける本人と上司のコミュニケーションについて
  • 学生組織の変化・革新を阻害する要因分析
  • ヨット部の組織構造比較 -強豪4大学の事例調査-
  • 大学生におけるアルバイト意識と学習意欲との関係性 (★優秀卒業論文賞)
  • 大学生のキャリア意識と学習意欲との関係性
  • ペットロス経験における人生観の影響
  • ファンクラブ加入者の意識と行動 -ジャニーズ・ファンを事例に-
  • SNS上におけるセキュリティ管理の意識について

3年グループ研究

  • 留学生のアルバイトの組織市民行動に与える影響 -モチベーション論と異文化マネジメント論の観点から-
    (国際ビジネス研究インターカレッジ大会(IBインカレ)提出論文)
  • 学生団体における心理的安全を高めるリーダー行動
  • 大学生のアルバイト継続目的・満足度と学業優先度との関係性