プロフィル (Profile)


小山 健太

東京経済大学コミュニケーション学部 准教授

東京経済大学グローバル組織・キャリア開発研究所 所長

 

博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。専門は組織心理学、キャリア心理学。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教、東京経済大学コミュニケーション学部専任講師を経て、2018年4月より現職。慶応大学と上智大学でも非常勤講師、早稲田大学WASEDA NEO講師。
現在の主な研究テーマは「組織内異文化摩擦からの学習に関するリーダーシップと組織社会化研究」(科研費(若手研究)採択)。
慶應義塾大学SFC研究所キャリア・リソース・ラボラトリでは研究員(非常勤)として社員意識調査や360度フィードバック研修などを担当。キャリアコンサルティング2級技能士(国家資格)、慶應義塾大学ビジネス・スクール ケースメソッド授業法研究普及室認定ケースメソッド・インストラクター、MBTI認定ユーザー(Japan-APT正会員)。人事関連専門メディア『WEB労政時報』『企業と人材』などに寄稿実績。慶應義塾大学湘南藤沢学会第3回研究発表大会にて最優秀論文賞(共著)を受賞。大学院での指導教員は花田光世先生(現、慶應義塾大学名誉教授)。

Kenta Koyama is a Associate Professor in the Faculty of Communication Studies at Tokyo Keizai University. He is also a Visiting Project Researcher at the Keio University Graduate School of Media and Governance. He got a Ph.D. in Media and Governance from Keio University in 2015. His supervisor was Professor (now Professor Emeritus) Mitsuyo Hanada at Keio University.

Koyama's past professional jobs were Project Research Associate at the Keio University Graduate School of Media and Governance, and Manager at Family House. Family House is a nonprofit organization providing accommodations as a part of total care for hospitalized children and their families far from their homes.

He is interested in exploring new perspectives on organizational psychology and creating a new HR model by integrating the traditional Japanese HR and Career Psychology. His research activities are often conducted in collaboration with Japanese companies and nonprofit organizations.

One of his published papers is “The Cognitive Process after Reality Shock in Organizational Socialization: The Qualitative Difference of Custodial and Innovative Role Orientations," in the Japanese Journal of Human Resource Development, 9/1, pp. 33–52, 2014. A paper co-authored by Koyama and his colleagues won the best paper award at the 3rd Research Conference of Keio SFC Academic Society.

専門分野 (Fields of Interest)

  • 組織心理学 (Organizational Psychology)
  • キャリア心理学 (Career Psychology)
  • 日本型経営 (Japanese Management)
  • 異文化マネジメント (Cross-Cultural Management)
  • ダイバーシティ・マネジメント (Diversity Management)
  • 組織開発 (Organization Development)
  • キャリア開発 (Career Development)
  • 人的資源開発 (Human Resource Development)
  • キャリア教育 (Career Education)
  • キャリアコンサルティング (Career Counseling)
  • 360度フィードバック (360-degree Feedback)

学位・受賞・資格等 (Degree, Awards, and Certificates/Qualifications)

  • 博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)
    Ph.D. (Media and Governance) (Keio University, Japan) 2015
  • 国家検定キャリアコンサルティング2級技能士
    2nd grade Certified Skilled Professional of Career Consulting
  • 国家資格キャリアコンサルタント
    Career Consultant (National Qualification)
  • MBTI認定ユーザー(Japan-APT正会員)
    MBTI Qualified User (Japan-APT member)
  • 慶應義塾大学ビジネス・スクール ケースメソッド授業法研究普及室認定 ケースメソッド・インストラクター
    Case Method Instructor certified by KEIO Business School
  • 慶應義塾大学SFC研究所キャリア・リソース・ラボラトリ― 2017年度キャリア・アドバイザー養成講座アドバンス 修了
    Certificate with Distinction of the Advance Module of CAREER ADVISER at Career Resource Laboratory, KEIO Research Institute at SFC in 2017
  • 慶應義塾大学ビジネス・スクール 2018年度「ケースメソッド教授法セミナー」アドバンスモジュール 優秀修了
    Certificate with Distinction of the Advanced Module of CASE METHOD TEACHING AND DISCUSSION LEADERSHIP at KEIO Business School in 2018
  • 慶應義塾大学ビジネス・スクール 2016年度「ケースメソッド教授法セミナー」ベーシックモジュール 優秀修了
    Completion of the Basic Module of CASE METHOD TEACHING AND DISCUSSION LEADERSHIP at KEIO Business School in 2016
  • 慶應義塾大学湘南藤沢学会第3回研究発表大会 最優秀論文賞(共著)
    Best Paper Award at the 3rd Research Conference, Keio SFC Academic Society (Co-authored Paper)

経歴 (Job Experience / Education)


職歴

  • 認定特定非営利活動法人ファミリーハウス 専従スタッフ
    2006年4月~2008年4月
  • 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任助教
    2012年4月~2015年3月
  • 東京経済大学 コミュニケーション学部 専任講師
    2015年4月~2018年3月
  • 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 研究員(非常勤)
    2015年4月~現在
  • 慶應義塾大学 総合政策学部 非常勤講師
    2016年4月~現在
  • 上智大学グローバル教育センター 非常勤講師
    2016年4月~現在
  • 東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授
    2018年4月~現在
  • 上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科グローバル社会専攻 非常勤講師
    2019年4月~現在

Job Experiences

  • Manager, Family House (Nonprofit Organization), 2006-2008
  • Project Research Associate, Graduate School of Media and Governance, Keio University, 2012-2015
  • Lecturer, Faculty of Communication Studies, Tokyo Keizai University, 2015-2018
  • Project Researcher (Visiting), Graduate School of Media and Governance, Keio University, 2015-present
  • Part-time Lecturer, Faculty of Policy Management, Keio University, 2016-present
  • Part-time Lecturer, Center for Global Discovery, Sophia University, 2016-present
  • Associate Professor, Faculty of Communication Studies, Tokyo Keizai University, 2018-present
  • Part-time Lecturer, Graduate School of Global Studies, Sophia University, 2019-present


学歴

  • 2000年3月 新潟県立高田高等学校 普通科 卒業
  • 2004年3月 慶應義塾大学 総合政策学部 卒業
  • 2006年3月 修士(政策・メディア)(慶應義塾大学) 学位取得
  • 2015年2月 博士(政策・メディア)(慶應義塾大学) 学位取得

Education

  • Graduation from Takada Senior High School (Niigata Prefectural, Japan) 2000
  • B.A.(Policy Management) (Keio University, Japan) 2004
  • Master of Media and Governance (Keio University, Japan) 2006
  • Ph.D. (Media and Governance) (Keio University, Japan) 2015